長友佑都の年俸推移を時系列で!生涯総額は20億円超え?マルセイユ時代に激減していた

スポンサードリンク

守備のスペシャリストとして長らく日本代表で活躍してきた長友佑都選手。

2021年9月にFC東京への復帰が決まり、約11年ぶりのJリーグ復帰が話題を呼んでいますね!

これまで海外のビッグクラブでプレーを続けてきた長友選手ですが、年俸はどのくらいもらっていたのでしょうか?

調べてみたところ、その総額はなんと驚愕の20億円越えという結果に…!

今回は長友佑都選手の年俸推移について、時系列でお伝えします。

ぜひ最後までご覧ください!

目次

長友佑都の年俸推移を時系列で紹介

出典:https://www.instagram.com/

長友佑都選手は1986年生まれの35歳。(2021年現在)

小学1年生からサッカーを始め、大学サッカーを経てFC東京からプロデビューをしています。

FC東京で4年間プレーしたのちに、イタリア・セリエAのチェゼーナに移籍。

以降は海外クラブで10年以上活躍を続けてきました。

2021年、かつて海外移籍時にファンと約束したFC東京への復帰が実現しています。

長友佑都の所属クラブ

  • 2008年‐11年1月 FC東京
    • 2010年7月‐11年1月 ACチェゼーナ
  • 2011年1月‐同年6月 ACチェゼーナ
    • 2011年1月‐同年6月 インテルナツィオナーレ・ミラノ
  • 2011年7月‐2018年6月 インテルナツィオナーレ・ミラノ
    • 2018年2月‐同年6月 ガラタサライSK
  • 2018年6月‐2020年6月 ガラタサライSK
  • 2020年8月‐2021年6月 オリンピック・マルセイユ
  • 2021年9月‐ FC東京

それでは長友選手の各クラブでの年俸推移を見ていきましょう!

参考サイト

  • https://capology.com
  • https://salarysport.com

FC東京時代(第1次)

出典:https://web.gekisaka.jp/
年齢
2008年:300万円

大学在学中にFC東京とプロ契約を結ぶ。

シーズン開幕戦のヴィッセル神戸戦にスタメンで出場し、プロデビューを果たす。

5月に岡田ジャパンに初召集され、以降は日本代表として定着。

リーグ戦:29試合3得点

年齢
2009年:2000万円

東京FCのナビスコカップ優勝に貢献し、自身初となるメジャータイトルを経験。

Jリーグ・ベストイレブンに選出。

リーグ戦: 31試合1得点

年齢
2010年:2500万円

FIFAワールドカップ・南アフリカ大会に出場。(日本はベスト16)

7月、イタリア・セリエAのACチェザーナへ買取オプション付きのレンタル移籍をが決定。

リーグ戦: 12試合1得点


STEP
STEP

日本代表組には珍しく、クラブユースの経験がない長友選手。

大学サッカーリーグやU-22日本代表で活躍したのち、FC東京からJリーグデビューをしています。

ルーキーイヤーから29試合に出場し、DFでありながら3得点と素晴らしい活躍を見せました!

1年目はJリーグの規約で低く抑えられていた年俸も、2年目には2000万円長友選手の能力が高く評価されていたことが分かりますね!

ACチェザーナ時代の年俸

出典:https://www.sponichi.co.jp/
年齢
2010年‐2011年:約7100万円(€556,000)

シーズン開幕戦からスタメンとして出場し、セリエAデビューを果たす。

チームの主力選手として代表召集までの第17節カリアリ戦まで全試合フル出場。

リーグ戦: 16試合無得点


ACチェザーナではチームの信頼を勝ち取り、海外挑戦は素晴らしいスタートを切ったと言えますね!

シーズン中盤の冬の移籍市場で名門インテルのダビデ・サントン選手とのトレードが決定。

FC東京からのレンタル移籍中だったため、チェザーナが買取オプションを行使し、同日にインテルへの期限付き移籍という形になりました。

年俸は海外クラブということもあり、大きく上昇しています!

インテルナツィオナーレ・ミラノ時代の年俸

出典:https://sportiva.shueisha.co.jp/
年齢
2010年‐2011年: 約7100万円(€556,000)

シーズン途中の2011年1月31日、チェザーナからシーズン終了までのレンタル移籍でチームに合流。

2月6日にインテルでの初出場。

3月6日の第28節ジェノア戦でセリエA初ゴールを記録。

日本人4人目となるUEFAチャンピオンズリーグ出場を果たした。

リーグ戦: 13試合2得点

年齢
2011年‐2012年:約1億8000万円(€1,418,000)

2011年7月、インテルへの完全移籍を発表。(5年契約)

2012年12月9日のナポリ戦でイタリアでの公式戦100試合出場を達成。

リーグ戦: 35試合2得点

年齢
2012年‐2013年: 約1億8000万円(€1,418,000)

シーズン途中に左ひざを負傷し、戦線離脱となるもシーズン終盤に復帰。

リーグ戦: 25試合無得点

年齢
2013年‐2014年:約2億1000万円(£1,404,000)

自己最高記録となるシーズン5得点6アシストを記録。

FIFAワールドカップ・ブラジル大会はグループリーグで敗退。

AFC年間最優秀選手賞を受賞。

リーグ戦: 34試合5得点

年齢
2014年‐2015年:約2億3000万円(£1,508,000)

チームの副主将に就任。

計4回と故障の多いシーズンであり、戦線離脱をしている期間が長かった。

リーグ戦: 14試合無得点

年齢
2015年‐2016年:約2億1000万円(£1,404,000)
出典:https://www.instagram.com/

サイドバックのポジション争いが激化し、シーズン前半戦は出場機会が減少。

シーズン中盤に高パフォーマンスを見せ、チーム内の立場が好転。

2019年6月までの契約延長に合意。

リーグ戦: 22試合無得点

年齢
2016年‐2017年:約2億8000万円(£1,872,000)

毎年のように移籍の噂が報道されるもインテルに残留。

プライベートではタレントの平愛梨との結婚を発表。

リーグ戦: 16試合無得点

年齢
2017年‐2018年:約2億9000万円(£1,924,000)

インテル通算200試合を達成。

チームの新構想から外れたことで出場機会が減少。

2018年1月、トルコ・スュペル・リグのガラタサライSKへの期限付き移籍を発表。

リーグ戦: 11試合無得点


出典:https://www.instagram.com/

シーズン途中に急遽インテルへ期限付き移籍した長友選手ですが、すぐにレギュラーに定着し、翌年には完全移籍を勝ち取りました!

インテルでのキャリアの前半は主力選手として活躍していましたが、クラブは成績不振が続いており、タイトル争いからは遠ざかっていましたね…。

2015‐16シーズン以降はポジション争いに巻き込まれ、思うように出場機会が得られず、毎年のように放出の噂が報道されるようになっていきます。

マンチェスター・ユナイテッドリヴァプールといったビッグクラブからのオファーもあったようですが、インテル愛を貫き移籍することはありませんでした

最終的には大幅に出場機会が減ってしまい、ガラタサライSKへの移籍を決断しています。

年俸はチェザーナから倍以上の金額になり、最終的には3億円近くまで上がっています!

同じセリエAでも名門クラブの資金力はさすがといったところですね!

ガラタサライSK時代の年俸

年齢
2017年‐2018年: 約2億9000万円(£1,924,000)

出場機会を求め、2018年1月にガラタサライに期限付き移籍。

移籍後まもなくレギュラーに定着し、クラブのリーグ優勝に貢献。

シーズン終了後にガラタサライへの完全移籍を発表。

リーグ戦: 15試合無得点

年齢
2018年‐2019年: 約2億9000万円(£1,924,000)

FIFAワールドカップ・ロシア大会に出場。(ベスト16)

負傷によるチーム離脱が長期間に及び、シーズン17試合の出場に留まる。

リーグ戦: 17試合1得点

年齢
2019年‐2020年:約2億7000万円(£1,820,000)

7年ぶりとなるUEFAチャンピオンズリーグ に出場。

チームが新たな方針を打ち出したことで構想外とされ出場機会が激減。

2020年2月以降は外国人枠の関係から登録メンバーからも外され、6月に退団を発表。

リーグ戦: 15試合1得点


出場機会を得るために移籍したガラタサライですが、1年目は最高のシーズンとなりましたね!

クラブはタイトルを獲り、長友選手も活躍を評価されて完全移籍を勝ち取っています。

2年目からはケガによる長期離脱やクラブの方針が変わったことで苦しい立場におかれてしまいました…。

出場機会を求めて移籍したガラタサライですが、戦力外とされたことで退団という結果に終わっています。

年俸はインテル時代からほぼ横ばいですね。

ちなみに長友選手はガラタサライでの最終シーズン、登録メンバーから外れたことを受け、100万ユーロ(約1億3000万円)分の給料を受け取っていません

「これからガラタサライのユニフォームを着ることができないのは残念だが、プロ生活はこういうもの。練習に参加するだけで、受け取る資格のないお金を受け取ろうとは思わない

https://www.footballchannel.jp/2020/02/05/post361137/

第一線でプレーし続けてきたからこその矜持なんでしょうね!

クラブ愛の強い長友選手らしい決断とも言えますが…、本当にすごいプレイヤーです!

オリンピック・マルセイユ時代の年俸

年齢
2020年‐2021年:約5700万円(£379,600)

2020年8月31日にフランスのリーグ・アンに所属するオリンピック・マルセイユへの移籍を発表。

2021年7月、契約延長せず退団することを発表。

リーグ戦: 25試合無得点


次のプレー場所にフランスのリーグ・アンを選んだ長友選手ですが、1年で結果を出すことはできませんでした。

シーズン25試合と出場機会は得られましたが、チャンスを生かすことができず評価は芳しくありませんでしたね。

年俸は大幅に下がって約5700万円と前シーズンの5分の1程度になってしまいました。

年俸にはこだわらずチャレンジしたものの残念な結果に終わっています。

FC東京時代(第2次)の年俸

年齢
2021年:不明

自身35歳の誕生日になる2021年9月12日にFC東京への完全移籍を発表。

Jリーグ復帰は11年ぶり。


再び古巣のFC東京に帰ってきた長友選手。

ヴィッセル神戸が2億円で獲得に乗り出しているといった報道もありましたが、11年前のファンとの約束をしっかり守ってくれました!

これには古くからのFC東京ファンも喜んでいるのではないでしょうか!

これからは世界のビッグクラブでプレーしてきた経験を存分に発揮してJリーグを盛り上げてくれると思います。

今後の長友選手の活躍に要注目です!

スポンサードリンク

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる